サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    サイト内検索

リンク

  • 購入は浴場市場で!
  • 株式会社アクトパス

Ads by Google

  • Ads by Google

浴場市場facebook

  • いいね!押してね!

書籍ダウンロード

  • 温浴百科2017・2018 ~温浴施設経営の課題と向き合うコンサルタントのレポート~
    (A4サイズ約300ページの情報量、PDFダウンロード2017年版無料、2018年版\2,700)
    DLmarketで購入

カテゴリー「足拭きマット」の1件の記事

2011年10月12日 (水)

足拭きマットについて


【業務用足拭きマットの快適性】

タオル地の足拭きマットを利用している場合、マットがよれたり足拭きがビショビショになってしまい、お客様が不快に思います。頻繁に足拭きマットを交換するのはコスト面でも、労力的にも大変です。

気持ち良い接客!広いお風呂でリラックス!
なのに・・・お風呂上りのバスマットで「ビチャ!」

「足元からのサービス」を考えてみませんか?
「足元からのサービス」と「コスト削減」を同時に達成する優れた製品があります。

業務用足拭きマットの種類

通常使用されているサウナマットには以下の2種類があります。

●タオル地タイプのマット

製品単価はもっとも安価ですが、タオル地ですので一度濡れてしまうとなかなか乾かないので交換回数が多くなります。

●シャギータイプのマット

フカフカとしていて、肌に触れた感触はとても柔らかいです。タオル地マットよりも単価は高いですが、交換回数は少なくなります。経年変化でパイル地が寝てしまうと吸水が悪くなり交換頻度が多くなってきます。

業務用足拭きマット洗濯費用】

自社で洗濯している場合、リネン業者さんに洗濯を委託している場合のいずれであっても、足拭きマットの洗濯費用はかかってきます。

洗濯費用 = @洗濯単価 × 洗濯枚数

しかし、頻繁に足拭きマットを交換すれば、洗濯枚数が増えてしまい洗濯費用がかさみます。

業務用足拭きマットの洗濯費用の抑え方】

洗濯費用 = @洗濯単価 × 洗濯枚数

洗濯費用を抑えたければ、洗濯単価か洗濯枚数を抑えるしかありません。

すでに枚数を抑えている結果として、マットがビチョビチョになってしまっているのであれば、業者との交渉で単価をさげることは容易ではないので、もう打つ手がありません。

Towelsaunamat しかし、現在左の画像のようなタオルタイプのサウナマットを足拭きマットとしても利用しているのであれば、マット自体を変更することで洗濯費用を抑えることができます。



業務用足拭きマットのご紹介

1.足乾1秒(そっかんいちびょう)

Bathmat50

度な技法で織り上げた抗菌足拭きマット(日本製)の水滴バトンタッチ効果で湯上り爽快!

◎肌から落ちた水滴は表面の抗菌アクリル繊維を瞬時に通過。

◎表面のアクリル繊維からバトンタッチされた水滴は無数のレーヨン不織布の繊維に沿って面積を広げながら移動・拡散するので表面は いつもサラサラ!

◎抗菌加工済み(SEKマーク)

◎耐洗濯試験100回合格(日本繊維製品品質技術センター調べ)

・45cm×65cm(450g) メーカー希望小売価格:3,990円(税込) → 【終売】

・70cm×80cm(800g) メーカー希望小売価格:6,720円(税込)

・80cm×150cm(1650g) メーカー希望小売価格:14,700円(税込)

【専用すべり止めシート】

・サイズ:38cm×57cm   メーカー希望小売価格:315円(税込) → 【終売】

・サイズ:52cm×76cm   メーカー希望小売価格:525円(税込)

・サイズ:75cm×135cm   メーカー希望小売価格:1,050円(税込)

(床材の種類によっては必要ない場合があります。)

【本製品は在庫限りで終売となります。後継製品は「踏めば踏むほど」となります。】


2.足踏み速乾バスマット

【製品特徴】

▼踏まれるほど速乾するので交換回数が大幅減
「一般的なタオル地マットの約1/5程度の交換回数」

・上層マットは吸水機能の高さはもとより、マットの付加価値として快適性を求めました。
そこで凹凸形状記憶構造を考案。形状記憶した凹凸は何回選択しても快適な踏み心地が持続する構造につくられています。

・上層マットで吸収された水分(水滴)は『踏まれるたび』に下層マットに水分が移動。その結果、上層マットの水分が減少することになるので、上層マットの乾燥性が向上する構造になっています。
※上下層マットの構造を利用した水滴バトンタッチ効果。
特殊乾燥構造だから、乾燥時間約1/2短縮
一般的なバスマット(絹をベースにしたタフト上マットも含む)の構造は一体性(吸収・保水・乾燥)になっており、特にタフト上マットは基布の乾燥性が悪く、乾燥機使用時の燃料コスト増大の原因になっています。
本製品は二層分離一体化構造を採用しており、バスマットとして使用している時は二層が一体化し、上層マットから下層マットに水滴バトンタッチ効果を生み、上層マットの乾燥性を高める効果があります。
マット使用後の洗い・乾燥時は見かけ上、上層と下層の二層が分離されます。これにより、乾燥機内の熱風の通りがよくなり、一般的なバスマット乾燥時間の約1/2で乾燥できます。よって、光熱費の大幅削減が可能となりました。
織物職人の技
職人によって作られたマットは吸水性があり、肌触りが良いので、バスマットには最適な品質です。
※上層マットと下層マットは一体になっておりますので、購入単位としては1つです。

詳しくは浴場市場でご確認下さい。

【コスト削減効果 

※現状は余裕を持って足拭きマットを交換しているものとします。

※リネン業者さんとの契約はリース方式とします。

■現状のマット使用枚数及び費用
サイズ60×110cm

1回に敷く枚数:8枚(男女各4枚) × 交換6回 =48枚/日

リネンコスト:40円/枚 × 48枚/日 × 30日= 57,600円/月  ・・・ ①


■「足乾1秒」
サイズ 80×150 cm 価格14,700円(税抜)

1回に敷く枚数:4枚(男女各2枚) × 交換2回 =8枚/日

リネンコスト:200円/枚 × 8枚/日 × 30日= 48,000円/月 ・・・ ②

①と②の差額 - 9,600円/月

【ご購入】

ご購入は浴場市場でお願い致します。各製品の名前をクリックして頂くと、該当の製品ページに移動します。

【お問い合わせ】

お問い合わせフォームはこちら

問い合わせメールアドレス(フォームが動作しない場合): info2@spa-net.jp

電話での応対は平日10:00~18:00になります。

TEL:03-3524-2681  FAX:03-3547-6126

 


株式会社アクトパス 〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階 Tel:03-3524-2681